月: 2022年1月

スイスホテル南海大阪 タボラ36 訪問日 1/15

スイスホテル南海大阪 タボラ36 訪問日 1/15

1月も既に中盤戦。 これから本格的な苺シーズンというタイミングですがまたしてもコロナの影響 

ホテルニューオータニ大阪 SATSUKI LOUNGE 訪問日 1/8

ホテルニューオータニ大阪 SATSUKI LOUNGE 訪問日 1/8

ここから本格的な苺シーズンの幕開け🍓去年も同じ光景を目にしたような(。-∀-) ホテルニュ 

クラブハリエ 訪問日 1/2

クラブハリエ 訪問日 1/2

今年も新年1発目にやってきたのはこちら。クラブハリエでのペーストリーブッフェ。

1月はやはり甘酸っぱいベリーがテーマ。

この季節ならではのブッフェに期待してきました٩( • ̀ω•́ )و

 

どこのホテルやお店でもそうですけど常連になれば顔見ただけで名前覚えられてしまうのが何となく気恥しい感じ(笑)

 

それではまずサムネから撮影開始です。 これよく見ると分かっちゃうんですが1枚目は案内されてすぐに撮影したもの、2枚目に関しては途中で撮った写真になります。

 

何故そんな説明をするのかも言えば…。

いや、どうせ後から書くんでまぁいいか(笑)

とりあえず各スイーツのご紹介を。去年同じ時期に訪問した際に出ていたメニューが大半だったので詳しいレポに関しては過去ぶんの記事を参考にして貰えればありがたいですm(_ _)m

 

🔽ここから飛べますので是非🔽

 

レポしていないメニューと1月以外で登場していたメニューに関してはこれまで通りレポしておりますのでその点ご了承下さい。

キャラメリゼされた表面の層がパリパリとした食感でほろ苦い風味もgood。中にはとろりと溶け出てくるカスタードソースが入っています。

ここで出てくるクレームブリュレは他で頂くものよりもキャラメルの層が厚い気がするんですよね。個人的にそこが魅力的だったり。

気が付くと何回もリピートしてしまう飽きのこない素朴な美味しさでまた食べたくなる感じ。絶品でした(*^ω^)以前違う月に出てきたと思います。

苺がテーマなのですがこういう異なる素材を持ってきてるのは飽きさせない工夫ですよね。

こちらはしっとりとしたチーズスフレになっていて、ラム酒のほんのりとした香りがたまらないレーズンが中に入っていました。☆New☆

見た目的には良く見かけるタイプのチーズケーキに近いですが表面にはパフ状のチーズがコーティングされており、その下には薄く生クリームが敷かれています。

メインとなる層には滑らかな口溶けのフロマージュムースと間には小さめのベリーが入った生クリームが閉じ込められていました。てっきりシフォンケーキは苺だとばかり思ってましたがここで紅茶が出てくるとは。

表面には薄く生クリームがコーティングされており、紅茶の茶葉を贅沢に使ったシフォン生地はふわふわの食感が本当に素晴らしい。

今回いつも以上にシフォンケーキが美味しいと感じましたね。いつもなら確実にベリー尽くしなんですけど(笑)グラスデザートであるジュレはテーマに沿ったベリーを使ったものでした。果実感を残した濃厚なジュレは口直しにもぴったりですね。

苺シーズンにまさかモンブランが並んでいるとは予想外でした(笑)

口当たりの良い滑らかな栗のペーストは甘さを抑えたもので決して甘ったるくないのがポイント。

そしてこちらも甘さ控え目の生クリームと土台部分にはサクサクとした軽い食感が癖になるメレンゲ生地。相変わらず隙のない布陣ですね。素晴らしい。

途中から追加されたメニューになります。

これもレポ済みなんですけど一応書いておきますね。

トップにはビターテイストで少し固めの生チョコレートクリームが絞られており、クリームの間にはショコラ生地が入っていました。

土台にはザクザクとしたクランチ状のチョコレートが使われていて、チョコレート尽くしのケーキという感じ。

今回のスイーツに関してはこんなところ。

 

さて最初に書いた件ですが…。

すいません完全に撮り忘れました(。-∀-)

 

帰宅してから写真チェックしてると1枚撮ってないのでは?と思い、確認してみると案の定存在を忘れていまして。

 

途中追加されたロワイヤルショコラの場所に並んでいたケーキがそれなんですけど過去ぶんの記事調べたら年末に登場していたショコラアールグレイだったみたいですね。

 

新作じゃなくて正直ホッとしました。

次から気をつけますのでご勘弁を…。ここからは実際に当日頂いたケーキやどんな感じだったのか書いていきたいと思います。

 

ちなみにこれが今回の作りたてデザートメニュー。Dまで用意されてたんですがよもやこれが鬼門となるとは露知らず(><) 初回オーダーになります( ´・ω・)シ

 

今回割と人数的には多かったんじゃないかと。

 

あと珍しいんですけど割と後半でも食べてる人がいたのでその辺もいつもと異なる印象だったかなとは思います。

 

まぁなのでちょこっと言い訳になってしまうのですが写真撮影のタイミングがいつも以上に掴みにくかったのも事実。

 

これからもっと人の流れも増えるでしょうし、気を引き締めて行かねば…! 【バームデセール(いちごソース)】

バームデセールは去年と同様に苺ソースがかかったメニューですね。

まだほんのり温かいバームクーヘンの上に甘酸っぱい苺のソースとフレッシュな苺、更にサクサクとした食感が良いアクセントになっているパイ生地のような素材がそれぞれトッピングされています。 2回目からは5つまで乗せられるようになりますのでスピード上げていきます。

ショーケース上段にあるタルト系のメニューもせっかくなので頂きました。

 

いつもならスルーしがちなジュレが今回はとても美味しくて良かったです。ここから2倍。最早恒例の儀式です(笑)1度だけのサービスですがキッシュとピザも運ばれてきます。熱々の内に頂きましょう。 【いちごパフェ】

グラスデザートですね。トップにはカットされたフレッシュな苺と生クリームが絞られています。

サクサクとした食感のクランブル状の素材や甘酸っぱいベリーソースがそれぞれトッピングされていました。更に中には苺を使ったゼリーとここにもフレッシュな苺が。

土台にはジェノワーズ生地が使われており、さながらショートケーキのような感じ。 モンブランが出てくると何となく秋を感じさせますね(笑)

既に季節は冬、というよりこれから春へとむかうシーズンなのですが。

クレームブリュレが本当に美味しくて今回何度もリピしてました。【パフェグラッセ(カフェバニーユ)】

ほろ苦いカフェ風味のソースがかけられたデザート。固めの生地で挟まれた中にはバニラアイスとカフェオレ風味のアイスが入っています。これも以前出てたものですね。 まだまだ2倍で行きます。

何回クレームブリュレ食べるんだろうか?(笑) 流石に大きさ2倍が続くと疲れますね。

ちなみにまだこの段階で最後にオーダーしておいた作りたてデザートが来てないという。残り時間も気になるところですが待ってる時間がもったいないので普通サイズでオーダー。最後にバームクーヘンも頂きました。【フォンダンショコラ】

これも去年と同じメニューですかね。

温かいショコラケーキなのですがふわふわの食感に熱々のチョコレートの風味がたまらない一品。

 

待ってても来ないので流石に聞いてみるかと思ってたらスタッフの方がまだ持ってきてませんよね?と確認しに来ました(笑)

実際これが運ばれてきたのは残り時間あと何分とかそのくらいだったと思います。

 

この辺りの作りたてデザートに関してはもう少し早めに持ってきて頂けると助かるのですが…。対応出来ないのであれば個数制限設けるとか(1人で同じメニュー複数オーダー出来ない等)はした方が良いかも知れませんね。

 

クラブハリエでのペーストリーブッフェですが最後に今回の感想を。

 

確か去年訪問した時にはほぼ全てのメニューがベリー尽くしという良くも悪くもテーマに乗っ取った感じだったんですよね。

 

今回はそれとは真逆に異なる素材を使ったケーキが数多く並んでいた印象でした。

 

個人的にはありがたい仕様でしたが苺とかベリー系のスイーツ目当てで来た方だと少し拍子抜けするような気もします。

そのぶんベリー以外のメニューが目立っていたので面白いと言えば面白い内容なのかも知れませんが。

 

ここもある程度メニューに関しては季節でローテーションしてるみたいなので特定の食べたいケーキがあるとか、好きなテーマがある月に訪問する方が良さげですかね。

 

他でも書いてますが苺シーズン限定でリンク先に飛べるよう専用ページを作っています。

ブクマしといて貰えると訪問先を考えてる時とか割と使えると思うので|*・ω・)ノ

 

長くなりましたが今回はこの辺で。

 

総評

スイーツ★★★★

サービス★★★

雰囲気★★★

価格★★★☆

ホテルグランヴィア大阪 ラウンジ リバーヘッド 訪問日 12/30

ホテルグランヴィア大阪 ラウンジ リバーヘッド 訪問日 12/30

明けましておめでとうございます 🍰🐯本年も宜しくお願い致します🐯🍰   案の定年 

アートホテル大阪ベイタワー スカイビュッフェ51 訪問日 12/25

アートホテル大阪ベイタワー スカイビュッフェ51 訪問日 12/25

残念ながら多分これが更新されてる時には年越しちゃってる可能性濃厚になってきましたね(笑)  

コンラッド大阪 アトモスダイニング 訪問日 12/18

コンラッド大阪 アトモスダイニング 訪問日 12/18

12月も後半戦。現実は大晦日というタイムラグが起こってますが気にせず行きます(笑) コンラッド大阪アトモスダイニングで開催中の「HOLIDAY IN NEW YORK」スイーツビュッフェ。

 

単なるクリスマスシーズンに良く見掛ける感じではなく、ニューヨークをテーマにしている辺りが興味あったのでやって来ました。

 

やはりクリスマスが近いからか、参加者の人数としてはやや多め。苺シーズンはどうなるのか今から不安しかないです(。-∀-)

 

ではサムネから撮影開始٩( • ̀ω•́ )و何枚か撮ったんですけど見事に写り込んでしまった為、残念ながらボツ。あまり加工処理するのは好きじゃないのでこちらだけ採用。 かなり大きなチョコレートチップクッキーが並んでいたのでつい手に取ってしまいました(笑)

ザクザクとした食感の中にも時折しっとりとした感じがあったりして割と楽しめる内容でしたよ。何となくこういうサイズ感もアメリカっぽいですよね。 これまた大胆なフォルムにしましたね(笑)

自由の女神がトップに立てられたニューヨークらしい華やかなムースケーキになっています。

表面の美しいグラデーションが目を引くグラサージュショコラの中にはスパイシーな香りのバニラムース。そして中央部分には更にそれよりも濃厚なショコラムースが入っていました。

土台にはザクザクとした食感が嬉しいクランチチョコレートが使われていますね。 チョコレートを使ったケーキなのですがトップに絞られたショコラクリームは甘さの抑えられたビターテイスト。ウェットな食感のチョコレート生地に挟まれるように先程のショコラクリームが入っていました。

悪くは無いんですけど何かもう少しインパクトがあると良かったかも知れない。【アソートマカロン】

ここのマカロンは安定してますね。チョコレートやストロベリー、マンゴーと様々なカラーバリエーションに富んでいて見ていても楽しいですし、何よりクオリティが素晴らしい。割と軽めの食感に仕上げられているのも良かった点です。 クリスマスシーズンには欠かせないシュトーレンもラインナップに入っていました。回りがシュガーコーティングされていて、パウンドよりもホロホロと崩れる生地の中には栗やレーズンといったドライフルーツが散りばめられています。こういう焼き菓子系のメニューもここは美味しいのでオススメです。 クロワッサンとドーナツを融合させたハイブリッドスイーツらしいです(笑)

見た目はまんまドーナツですけどね。

表面にはストロベリーチョコレートがコーティングされており、中の生地は確かに食べてみるとドーナツではなくデニッシュとかクロワッサンなんかに極めて近い感じがします。危うく見落とすとこでした(笑)

プチサイズのタルトになっているのですがもっとザクザクとした食感を想像していたら割と柔らかい食感だったので驚き。

中には煮詰められたリンゴが入っていて、甘酸っぱい感じ。 それぞれチョコレートやキャラメル風味のミニチョコレートバーになっていました。以前甲子園で出てたチョコレートバーを思い出しますね。こちらはグラスデザート。

キラキラとした見た目が華やかさを演出しています。中のジュレはシトラス風味で酸味が強いもの。クラッシュされており、柔らかい食感になっていました。 見た目的には何となくオペラに近い感じ。

表面には鮮やかなレッドカラーのパフ素材が散りばめられており、濃厚なミルクチョコレートのようなクリームとベルベットカラーの生地とが交互に折り重なった構成。 表面にはねっとりとした真っ白なフロマージュクリームが乗せられています。土台となっているキャロットケーキはほんのりと人参の風味が感じられるもので素材の甘さが生かされていると感じました。こちらもグラスデザートになります。

表面には食感のアクセントにシリアルがトッピングされており、中のパンナコッタ自体はミルク風味のもので特に記述しておく点は無かったかな。 表面には苺や各種ベリー系のフルーツソースがかけられており華やかなニューヨークを意識した見た目になっています。

ソース自体は酸味の強いテイストになっていて、中のチーズケーキはレアチーズとベイクドの中間地点のような感じ。

ベリーソースと一緒に食べると良いバランスになっていて美味しかったです。 パッと見ハロウィンの名残かと思う見た目ですよね(笑)

1口サイズに作られたパイなのですがトップにはほんのりと苦味を感じるキャラメルソースとあっさりとした生クリーム。

外側の生地はさっくりとしていて中にはふんわりとしたバナナ風味の生地が入っていました。 トップにはカリカリとした食感が嬉しいヘーゼルナッツが乗せられています。更に濃厚でビターテイストのショコラクリームが絞られていました。

ブラウニーはねっとりとしていて、時折感じるヘーゼルナッツの食感と濃厚なチョコレートの風味が抜群の組み合わせ。 これも割と凝った内容ですね。ボールのような飾りはストロベリーチョコレートで作られたもの。

その下には比較的甘い風味のチョコレートクリーム。これもかぼちゃだったんですかね?何となくホワイトチョコレートっぽい感じでしたが。

中のカップケーキにはかぼちゃの果肉にかぼちゃの種が入っていたり、割と面白い内容になっていました。ここからセイボリーが並べられてあるコーナーになるのですが今回1部のホットスイーツなんかも一緒に並んでいました。

これ横にアイスクリームが入った容器も置いてあったんですが途中から完全に品切れ起こしてて結局補充されてなかったです。

どちらにせよ食べないんで別にいいけど(笑)温かいマシュマロはとろける食感でその下にはこちらも温かいチョコレートソースが敷かれています。土台部分にはタルトレット系に使われる生地が使われていました。

公式だとテーブルサービスっぽい書かれ方だったと思いますが普通に並んでいますね。シナモンの香りに包まれたサクサク食感のどこか懐かしいアップルパイ。パイ生地はホテルメイドなのか分かりませんけど素晴らしかったです。中には角切りにされたリンゴのソテーが入っていたのですがリンゴの自然の甘さを引き出されていて絶品。ここからちゃんとした軽食ゾーン突入。

これは中にショートパスタが入っているグラタンみたいな感じ。ただ味に関してはかなりシンプルなのでもう少し具材が入っていると良かったように思います。鶏の手羽元を使った揚げ料理なのですが少し辛めのテイストになっていて、横にあるチーズソースをかけて頂きます。

かなりジャンキーな感じで私は好きでした。これがTHEピザですよね( ー̀֊ー́ )✧︎

割としっかりした生地の上にサラミやピザソース、アンチョビ、チーズなど定番の具材がたっぷり乗せられていました。

食べごたえもあるのでガッツリ軽食食べたい方にはオススメのメニュー。地味に今回ハマってしまったホットドッグ。

特に何の変哲もない味なんですけど無性に美味しく感じてしまう。ケチャップとマスタードソースが別で用意されてるので好きなようにトッピングして召し上がれ。

この辺のメニューも悪くなかったんですけどピザとホットドッグの印象が強かったのであまり積極的に食べてはなかったですね。写真ぶれてますがサラダになります。

 

料理に関しては以上ですかね。今回ボリューム感が高いメニューが豊富に揃えられていたのでそちらも楽しみにしてます。マカロン取ろうとしたらすぐにヒビが入ってしまい心なしかテンション下がってます(笑)

 

今回案内が始まったのはビュッフェがスタートする約5分前くらい。体感的に5分前というのは写真撮影が完了するかしないかギリギリのラインです。多分慣れてない人が撮影してるとほぼ間に合わないと思う。

私も実際撮影が概ね終わったのが1、2分前くらいなので結構ギリギリでした(><)

 

多分ですけど来季の苺とかになれば人数も今より多くなるでしょうし、少しでも案内が遅くなるとまず撮影してる途中にスタートの合図かかるんでしょうね(。-∀-)目玉にしか見えないバナナパイ(笑)

最初こそ多少密になりますけど途中からは快適に過ごせる空間になりますので。軽食やら何やら取ってきましたが温かい焼き立てのアップルパイが本当に美味しい!

外側のパイ生地がサクサクなんで音も楽しくて、何回でも食べたくなります。この辺危うく忘れかけていたので慌てて取ってきたという。チーズケーキがベリーソースたっぷりで絶品でした。ある程度レポも終わりリピートタイム。

途中スイーツが場から無くなる場面もちらほら見えてましたがある程度は補充もされていたのでまぁ良かったかなと。

グラスとか焼き菓子なんかは余裕ありますけどホールのケーキとかは早い段階で消えちゃいますからこの辺早めに取っておく方が良さげですね。途中になるとぐちゃぐちゃになっちゃってインスタ映えとは程遠い存在に変わり果てますので…。

何か今回飽きるのが早くて後半は軽食中心になってしまいました。お腹いっぱいというより同じものばかりで飽きてしまった感じ。ご馳走さまでした~٩(●˙▽˙●)۶

 

コンラッド大阪アトモスダイニングでの「HOLIDAY IN NEW YORK」スイーツビュッフェ。最後に感想を書いておきます。

 

まずスイーツに関してですが今回生ケーキやムースなんかはいつもと比べると少なく感じました。その分焼き菓子なんかが多く並べられており、刺さる人には刺さる内容だったんじゃないかなと。ただこの季節らしい定番の苺ショートとかブッシュドノエルみたいなケーキが少なかったのもあってか、比較的地味に映ってしまったようにも思います。

 

だからなのか軽食がいつもより目立った立ち位置だったのも頷けますね。特にホットデザートなんかは良い例。良くも悪くもその辺が評価の分かれるポイントになりそう。

 

個人的にはアップルパイやクッキー、シュトーレンが良かったんですけど沢山食べられるメニューでもないので結果的に飽きるのが早くなってしまったのではと推測されます。

 

苺シーズンに訪問するかどうかはまだ未定ですけど素敵なスイーツに来年も沢山出会えると良いですよね。それではまた次回。

 

総評

スイーツ★★★☆

軽食★★★★

サービス★★★★★💯

雰囲気★★★★☆

価格★★★