ホテルヒューイット甲子園 ポモドーロ 訪問日 10/25

ホテルヒューイット甲子園 ポモドーロ 訪問日 10/25

一応参加したんでそれなりにレポだけは取っているんですけど正直書く必要もあまり感じないのとブログとして機能する内容なのかどうかもかなり疑わしいです(笑)

 

最初に断っておくと今回ブログ用の写真がほとんどありません。なのでいつもより文章多め。書いてる本人が言うのも何ですが内容として面白い記事にはならないと思うので本当に時間ある時にでも読んで下されば十分ですので…。ホテルヒューイット甲子園ポモドーロにやって来ました。テーマはもちろんハロウィン。楽しみにしてたんですけどまさかこんな事態になるとは露知らず。

 

ホテルに到着するといつも通り受付を済ませたのですがその際気になる用紙を手渡されました。グループ分けされているのはここ最近の流れだとは思うんですけどその下に気になる文字が。ん?『写真撮影を禁止』

 

…撮影出来ない?

 

うん。まぁ要約するとですね。いつも始まる前に写真撮影の時間を設けて下さっているんですが密を避ける為にビュッフェ台での撮影行為自体が出来ませんよ、という事です。ちなみに開始前の撮影タイムだけではなく、ビュッフェ開催中のあらゆる撮影が禁止になっています。ただ唯一許されたのは自分のテーブルで撮影するぶんには問題ないですよ、という全く意味のないフォロー。

 

写真撮影している光景を目にした方は解ると思いますが特にここの密集ぶりは結構酷いんですよね。それ以外にもビュッフェ開始直後の並ぶ列や人混みは半端じゃないカオス空間と化しますので。だからコロナ対策として発生する密を避けるにはそれらの行為を無くすのは非常に有効な対策だと私自身も感じています。

 

ただ正直撮影する行為自体を無くすのは個人的にはとても残念。皆さんそれぞれ撮影される方は何かしら目的があって撮ってる人が多いと思います。まぁ中には記念に撮ってるという方もいるとは思いますが。インスタに載せる為とか、私みたいにブログやってる人なんかはそれ用ですよね。

 

インスタにしろブログにしろ、第三者に何かを発信する際、文章だけでは伝わらない事って案外多いんですよ。ブログはまだ文章メインに書いてる人もいますけどそれでも写真が占める割合って結構高いです。インスタなんかは特に写真重視ですから余計に必要不可欠なのでは?それが撮れないとなるとかなり厳しい状況になってしまいます。ブログやってる方が今回どんな風に書いてるのか解りませんけどせっかく用意されたスイーツなのにそれを写真で伝えられないのは非常に辛いです。

 

そんな訳ですので本当に写真少なめになっております。後から食べログの方に当日のスイーツに関する写真はアップするので参考にして下さいと言われましたが全く参考にならないどころが写真が少なすぎて参考にはならないと思います。というか名前すら解らないんですから。撮影禁止にするならせめて出てくるスイーツの名前が載ってるメニュー表くらいは事前に用意して欲しいですし、食べログに載せますと言うなら中途半端な写真ではなくそれ相応の使える写真を載せて欲しかったかな。

 

とまぁ思うところは多々ありますが伝えるべき事だけしっかりと書いていきます。案内された席は最近のテラス席ではなく、比較的出入口に程近いテーブル席でした。いつも思うんですけど横並びに顔見知りばかり並ばせるのは絶対偶然じゃないっすよね(笑)何と無く気になったもので。さていきなりこの写真からのスタートになります。何しろ撮影禁止なのでこちらとしても何が何だったのか。多分後から判別するのは難しいと思いますよ。解りやすいメニューはともかく、仮に判別出来たとしても名前なんて思い出せないですし。

 

とか言いながら対策は取っております。

これでも一応ブログやってますので(笑)

解りやすいように写真に少しだけ加工しますね。見にくいかも知れませんが上の写真と見比べつつ判別して下さるとありがたいです。

必要だと感じたメニューのみレポ取っていますので特に記載するべき内容ではないとかんじたスイーツに関しては名前のみとさせて頂きます。ご了承下さい。①【蜘蛛の巣チーズケーキ】

蜘蛛の巣をイメージした格子状の模様が特徴のハロウィン限定チーズケーキ。外側のムースはまろやかな酸味がほのかに香るフロマージュになっており、中のムースにはほんのりとラム酒の風味。今回からビュッフェで提供されるスイーツメニューに関して少し方針が変わったらしいですね。一部のメニューは継続して次のテーマの際にも登場させるんだとか。ただ全く同じという訳じゃなく、少し変化を付けるようですが。この蜘蛛の巣チーズケーキも前回のラムレーズンからの名残が感じられるテイストになっていました。

②【竹炭とかぼちゃのロールケーキ】

こちらは真っ暗な見た目が目を引くロールケーキ。竹炭を使っているみたいですね。ただ生地は少しパサっぽい感じ。もう少ししっとりしていると尚良し。かぼちゃのクリームが巻かれていてハロウィンをイメージさせてくれるメニューでした。

③【デビルズショートケーキ】

定番のショートケーキも悪魔のネーミングで登場してました。表面にはパリパリのチョコレートがコーティングされていて、思ったよりもしっかりとした食感になっています。スポンジは美しいグリーンカラーが色鮮やかな抹茶生地になっていて風味も抜群。生地の間にはチョコレートクリームとチョコスポンジが重ねられており、濃厚なチョコの風味を存分に感じられます。こちらは若いパティシエの方が手掛けたメニューらしいです。ここ最近はシェフだけではなく新しい風も吹いているようで参加する側としても楽しみだったりしますね。

④【かぼちゃのティラミス】

真っ白に雪化粧された見た目の下にはふわふわのかぼちゃムースがたっぷりと。通常ならコーヒー液を染み込ませた生地が敷かれているんですけど今回はメープルシロップを染み込ませた生地が使われていました。コーヒーシロップだと主張が強すぎてかぼちゃの風味が飛んでしまう為にメープルをチョイスしたんだとか。面白い組み合わせですよね。

⑤【さつまいものプリン】

少し固めのプリンはノスタルジーなテイスト。さつまいもを使った素朴な味わいはまた食べたくなる美味しさ。間にスポンジ生地が挟まれていたりと随所に工夫も感じさせてくれます。

⑥【メロンと栗のムース】

今回は先月と同じメニューが幾つか並べられていたようです。こちらも確か先月見ましたね。

⑦【目玉のジュレ】

⑧【梨とはちみつのムース】

⑨【シュークリーム】

⑩【かぼちゃのチーズケーキ】

かなり柔らかい食感に仕上げられた濃厚なかぼちゃチーズケーキ。タルト台のザクザクとした食感がたまりません。シンプルですが奥深いテイストで高評価。

Ⅺ【洋梨のタルト】

こちらも定番のタルトですね。スライスされた洋梨は焼き目が香ばしくすっきりとした後味。中にはベリーが忍ばせてあったりと面白い組み合わせでした。林檎のタルトと似通っていますが中のダマンドに変化を付けていたりと食べ比べれば違いが解りますね。こちらはややしっかりとした感じ。

Ⅻ【タルアラ】

デビルズショートケーキの奥に見えにくいですがポモドーロ名物のタルアラも。ここ最近は頻繁に出てくるようになりましたね。このタルアラも絶品なのてオススメです。蜘蛛の巣チーズケーキのみリピしてます(笑)①【栗とコーヒーのムース】

以前も栗とショコラだったかな?同じように栗と組み合わせたムースケーキが登場した回がありましたが今回はコーヒーとのコラボレーション。1段目の層には濃厚で秋を感じさせてくれる栗のムース、2段目の層には少し苦味を効かせた大人テイストのコーヒームースが重ねられたポモドーロお得意のムースケーキになっていました。

②【モンブラン】

季節柄やはりモンブランは外せないですよね。甘さを抑えた栗のペーストにマロングラッセをカットした素材が混ぜられたクリームが入っていて、その下にはタルト台という定番の組み合わせでしたがやはり美味しいものは美味しい。後から話を聞くと栗は国産だったらしく、あっさりとした中にも奥深さを感じられるモンブランだったと思います。

③【林檎のタルト】

ざく切りにされた林檎は甘くソテーされており、中のダマンドとタルト台の味わいは言わずもがな絶品。

④【さつまいものスイートポテト】

かわいいミニサイズのスイートポテトもハロウィンの装いで登場。優しくほっこりとしたさつまいもの風味を閉じ込めた1品。

⑤【マロンパイ】

以前も見かけたメニューですね。サクサク食感が嬉しいパイ生地の中には贅沢にもマロングラッセが丸ごと閉じ込められていました。これ前にも同じように配られたと思うんですが巨大なショートケーキをカットしたものになります。ちなみにカットされる前のケーキはビュッフェ台のすぐ横にスタンバイされていました。けど正直こういうのもパフォーマンスありきのメニューですからね。カットするにしてもその場で切り分けて下さるシステムなら臨場感とか出てきますけど何となくパッとしない感じ。【洋梨のシュークリーム】

今回のライブデザートはほんのりと香る洋梨がアクセントのクリームが詰められたシュークリーム。ナッツ入ってますね(笑)さすがここのシェフは無類のナッツ好きです。左【リンゴとキャラメルのムース】

これどちらも前回出てきましたよね。何となく食べた事あるようなテイストだったので。表面にコーティングされているのは苦味を強調したキャラメルソース。中のリンゴムースは爽やかな甘味。煮詰められたリンゴをカットしたものが入っていたりと非常に凝った作りになっていました。

右【紅茶のシフォンケーキ】

ふわふわの生地と茶葉の香りが優しくマッチしたシフォンケーキ。添えられたクリームと一緒に。気に入ったメニューを中心にリピート。相変わらずパン部門はさすがのクオリティでした。お菓子のオレオを使った菓子パンのようなものまであったのは驚き。後からシェフに聞くと何でもオレオを使ってやりたいというアイデアから作られたんだとか。ここ最近はシェフだけではなく、柔軟な発想も取り入れられているのがとても面白いです。これからに益々期待。そして前回までとの大きな違いとして軽食メニューの充実度がかなり向上していました。新しくピザなんかも用意されてあったり後で紹介するカレーはようやく来たかという感じ(笑)けど何だかんだでここのサンドイッチがホテル系のビュッフェでは一番美味しいと感じますね。パスタなんかはもっとクオリティ高いところも沢山あるような気がしますがサンドイッチは別格。パンと中の具材が非常にマッチしてます。

まさかの黒カレー見参です(笑)

アゴーラ黒カレーを彷彿とさせる内容で美味でした。辛いものがあると甘いスイーツとの無限ループ確定ですからね。今回はこれで終了。ご馳走さまでした。

 

ポモドーロでのハロウィンをテーマにしたスイーツビュッフェ。最後に感想を。

 

スイーツに関しては相変わらずクオリティ高いと思います。コスパとしては百点満点でしょうね。個人的に気に入ったメニューを挙げるとかぼちゃのティラミス、かぼちゃのチーズケーキ、蜘蛛の巣チーズケーキ、栗とコーヒーのムースなんかは非常に好みのテイストでした。ティラミスはよくある内容ではなく季節感のあるかぼちゃを使っており、チーズケーキに関しても素材の良さを引き出していたと思います。同じチーズケーキでも蜘蛛の巣の方は前回のラムレーズンを思い出すラム酒の風味が面白い内容。栗とコーヒーのムースはもう言うことないですね。この辺のムースケーキ作らせたらここはずば抜けてると感じます。

 

ただシェフから説明があった通り、前回出てきたメニューが全体の3分の1、もしくはそれ以上の比率で並んでいたのは少し物足りなさを感じてしまいました。テーマ的に今回はハロウィンだったのに正直華やかさやインパクトに欠けていたのももったいないような気がしてしまう。まぁ一番残念だったのはせっかくのスイーツを写真に残せなかった事ですが。文面だけじゃやはり伝えられない事って多いですからね。けどこの感じじゃまともに撮影出来るようになるのは当分先になりそうな予感。次回は毎年恒例の総集編となるビュッフェですね。

 

インスタの方にも載せましたが次回の予約が取れなかったので私個人としては今回が年内最後の参加になります。せっかくならラストも参加したかったのですが非常に残念。ここもかなり情報が出回っているぶん、リピーターだけじゃなく新規の方も参加されるようになってきたので予約取るのも難しくなってきましたね。せめて2部制か土曜日も追加してくれるとこれまで行けなかった方も参加しやすくなるとは思うんですが。

 

それではまた次回。

 

総評

スイーツ★★★★

軽食★★★☆

サービス★★★☆

雰囲気★★★☆

価格★★★★★💯