クラブハリエ 訪問日 5/15

クラブハリエ 訪問日 5/15

季節的には丁度春から次の季節へと移り変わるタイミングですね。5月の空を見上げながらてくてく歩いてやってきました(笑)クラブハリエでのペーストリーブッフェ。

 

5月から6月末まではイタリア菓子をテーマにしたオーソドックスな内容みたいですね。

 

ワンチャン抹茶スイーツでも出てこないものかと密かに期待しつつ訪問してみましたが果たしてどんなメニューが登場するのか。 早速まずはサムネから撮影開始。

予約したのが後になってからだったので必然的に案内されたのも最後になってしまいました。ここは早めに予約抑えておく方が何かと便利だと思います。作りたてデザートはこちらの3種類がオーダー出来るようになっています。

いつでもオーダー可能なんですけど早めに頼んでおいた方が無難。他と注文が重なったりすると余計に運ばれてくるのが遅いのでブッフェが始まったら1つはオーダーしておくのがオススメ。地味にラストオーダーが30分前なのも忘れがちですので(笑)

 

では個別にスイーツのご紹介をさせて頂きます。時間的な関係もあり全ては難しいので基本は生ケーキなんかを中心にしています。レギュラーメニューのフルーツタルトと今の季節にぴったりなグラスデザートのジュレ。ポムは林檎でしたね。トップにはシナモンパウダーが振りかけられた生クリームが絞られています。ナパージュには蜂蜜が使われていて、シナモンフレーバーのムース、しっとりとした食感のスポンジ生地と続き、甘酸っぱくシャキシャキとした歯応えが良いアクセントになってる林檎の果肉も。その下には同じく甘酸っぱいリンゴムース。土台には塩気のある生地が使われていました。林檎とシナモンの組み合わせは割と定番だとは思いますけど飽きの来ないテイストはやはり落ち着きますね。ここ最近ロールケーキもずっと苺が続いていたのでやっと解放されましたね(笑)

ロールケーキ自体はベーシックな素材で作られたもの。ふわふわ食感のスポンジ生地とすっきりとした生クリームの中央にはフレッシュなオレンジの果肉が閉じ込められていました。

特別なテイストではないものの今の時期にこういう素材を使ったケーキは合いますよね。柚子の爽やかなフレーバーが香るクリームがトップには絞られており、まろやかな甘さとほんのりとした柚子の酸味が癖になる柚子ムース、更にスポンジ生地との間には果肉感のある柚子ゼリーが挟まれていました。下地部分にはほろ苦いキャラメル風味のサクサクとした存在も感じられます。

いや~今回どのケーキも内容が濃くて訪問するタイミングとしては良かったように感じましたね。特にこのユズブランなんかは非常に面白い組み合わせで柚子の酸味にキャラメルの風味と食感が抜群だったと思います。ようやく抹茶を使ったケーキがお目見え(笑)

私の記憶が正しければ以前も頂いたような気がしますね。

表面には艶やかなナパージュがコーティングされており、抹茶のほんのりとした苦味と風味が閉じ込められたムースの下には酸味が際立つベリーゼリーが敷かれています。更にスポンジ生地の下には優しいバニラムース。このムースの中には和テイストの小豆が忍ばせてありました。表面にはアーモンドとチョコレートがトッピングされており、ねっとりとしたアプリコットのナパージュは少しキャラメリゼしてある感じ。ティラミスのウェットなスポンジ生地のようなしっとりとした生地の下にはバニラの香りがたまらない優しい甘さのムースが重ねられていました。バニラムースの下にはスポンジ生地と更に酸味が強めのアプリコットムースという複雑な構成。

これもかなり凝った内容でしたね。またもう一度食べてみたいと思わせてくれるケーキ。何故シフォンケーキはベリーのままなんだ…。抹茶にして欲しい(笑)甘酸っぱいオレンジが乗せられたさっぱりとした柑橘フレーバーのケーキ。ナパージュは酸味が強調されたもので柚子のような風味のムースとベーシックなスポンジ生地が重ねられています。タルト台のようなザクザク食感の生地が土台部分には使われていました。表面には甘酸っぱいベリーソースがコーティングされており、同じく酸味が強いフランボワーズムース、ビターテイストのショコラムースが重ねられたムースケーキでした。全体的に甘さよりも苦さを強調された感じで割と好きなテイスト。土台にもほろ苦いショコラ生地。ほろ苦いカラメルが染み込んだ生地がトップ部分にあり、プリン自体もビターテイストに仕上げられた本格的なチョコレートプリンになっていました。甘さよりも苦さを強調したデザートですね。たっぷりとココアパウダーが振りかけられた定番のデザート。マスカルポーネチーズの濃厚なテイストとコーヒー液の染み込んだ生地が良く合います。もっと柔らかいのかと思いきや割としっかりとした食感でし。

ショーケースの上段部分にはタルト系のメニューやパウンドケーキなんかが並んでおり、こちらも絶品。相変わらず撮影するのが困難なのでご容赦を。あとは焼き菓子も用意されていますし、ハリエと言えばのバームクーヘンもあります。スイーツに関してはこんな感じですかね。

ここからは当日の様子と実際に頂いたメニューなんかを写真と共に紹介していきたいと思います。ちなみにこれは最初に用意されていたデザート。クッキーにグラスデザートですね。初回は例のごとく3つまでオーダー可能ですのでとりあえず目についたケーキをチョイス。

どうせ全て食べるんで特に順番なんかは気にせず食べていきます。作りたてデザートからカッサータが運ばれてきました。

冷たく冷やされたアイスケーキのような感じ。スポンジ生地で挟み込まれた中央にはゴロゴロとドライフルーツが沢山入っており、ほろ苦いキャラメルのような風味が特徴的。回りには甘酸っぱいベリーソースが添えられていました。ここから1度に5つまで解禁されるのでペースを上げていきます。キッシュやピザも出来立てのものが各テーブルへ届けられますので口直しに。こちらも作りたてデザートからハロハロ。

フルーツがたっぷり入った季節感のあるグラスデザートでした。杏仁豆腐や定番のゼリーなんかが入ってたり、これからの季節にはぴったりですね。タルト系のメニューなんかもせっかくなので頂ておきます。個別のレポを取るのは時間的に厳しいですがどれも抜群のテイスト。この辺から大きさ2倍にしつつリピしたいケーキなんかを食べていきます。

私が知る限りでは2倍をオーダーしてる方は今まで遭遇した事がありません(笑)

もっと大きいサイズでも恐らく大丈夫だとは思いますが個人的にはこのくらいが丁度良い感じがしますね。作りたてデザートからラストの品が到着。

バームデセール(オレンジソース)

温かいバームクーヘンは優しい甘さが広がります。甘酸っぱいオレンジの果肉がトッピングされており、トップには生クリームが絞られていました。シンプルですがここに来たらやはりバームクーヘンは食べる価値あり。ロールケーキもふわふわ食感で飽きないのは個々のクオリティが高い証拠。いつか丸太ロールケーキを食べてみたい(笑)毎度2倍の大きさでオーダーするんで向こうも『またこの人2倍なんだろうな…』と思われてるんでしょうね。こちらがオーダーすると2倍ですか?と向こうから訊かれました(笑)

さすがに毎回じゃないですからね。このユズブランが本当に美味しかったです。

テ・ベールも抹茶ケーキとしては安定した美味しさ。ティラミスも良き。

今回はこれにて終了。

素晴らしいスイーツの数々ご馳走さまでした。

 

最後に感想だけ書いて終わりにします。

苺やチョコレートみたいな特に何かの素材縛りをしていなかったぶん、バラエティに富んだメニューが沢山並んでいましたね。

 

私が好きな抹茶ケーキのテベールはもちろん、ロールケーキには柑橘系のオレンジを合わせていたりと内容としても非常に楽しめるブッフェだったんじゃないかと思います。

 

どのケーキも美味しかったのですが個人的にはユズブランが1番オススメ。

あれは是非ともまた食べてみたいケーキですね。自分だけのとびきりを見つけるのもブッフェの楽しみの1つですから是非ともお気に入りのケーキを探してみて欲しいです。

 

あまりこういうのをブログに書くのは好きじゃないんですけどあまりにも不快だったんで少しだけ書かせて貰います。

 

私の真横に男女2人の客が居たんですけど何が面白かったのか分かりませんがこちらを終始監視しているみたいで途中から思うように動けぬ状態になってしまいました。

 

多分ケーキを沢山食べてるのが物珍しかったんだとは思いますが監視されながら笑い者にされるのは正直非常に不愉快です。

 

この時もキャパ的にはまだ大丈夫だったんですけどこれ以上ディスられながらこの空間に長居したくなかったのでやめときました(笑)

 

この界隈だと私より食べる方なんかざらにいますからね。またこの2人が食べに来てるのか喋りに来てるのか疑問になるくらいに喋りまくってたので。こういう客が居ると店の民度も下がるし本当勘弁して欲しいものです。

 

それではまた次のスイーツにて。

 

総評

スイーツ★★★★☆

サービス★★★☆

雰囲気★★☆

価格★★★★