アートホテル大阪ベイタワー スカイビュッフェ51 訪問日5/22

アートホテル大阪ベイタワー スカイビュッフェ51 訪問日5/22

アートホテル大阪ベイタワーにあるスカイビュッフェ51にて6/30(水)まで開催中の『PURPLE SWEETS COLLECTION -WALPURGIS NIGHT-』に参加して来ました。

 

今回は紫と黒を基調としたダークファンタジーな世界観。割とこういうシックなテーマの方がわちゃわちゃしてないので個人的には好きだったりします。楽しみですね。

 

まずはサムネから撮影スタート。相変わらず案内は早いものの開始時刻にならないと写真撮影は不可能なんで撮りたい方は自分の持ち時間を削って撮影していくスタイルです。

 

ちなみに運が悪いと真っ先にスイーツコーナーから荒らされる鬼畜仕様ですので良い状態で撮れるかどうかは神のみぞ知る、という感じ(笑)

 

この日は少なめの人数でしたがすぐにスイーツから取ってる方がいたんである程度妥協しつつ撮影してました。こればかりはここの仕様だから割り切るしかないです。

 

追加料金払ってもいいんで早めに撮影させてくれませんかね?(笑)

 

※時間的にかなりシビアなので特に気になったメニューのみメモしています。

ミニサイズに作られたタルトでしたが割と面白い感じ。かわいいベリーがトップには乗せられており、ザクザク食感のタルト台の中にはカシスとチョコレートを使った濃厚なガナッシュが入っていました。

酸味の強いグリオットチェリーの特性を上手く使った口直しにぴったりのムースデザート。

またしても聞き慣れない言葉が(笑)

ジオードとは英語で晶洞石という意味。海外ではかなり流行っているみたいですね。まるで鉱石の輝きを再現したかのような美しい見た目が特徴的の結晶ケーキ。

かなりしっかりとしたハードタイプに仕上げられたケーキでした。表面に塗られたビターテイストのチョコレートクリームの下には通常のスポンジ生地とは異なるどっしりとした生地。芋とかその辺の素材を潰して固めたような感じ。 サバトとはヨーロッパで魔女や悪魔崇拝の儀式を意味する言葉。今回のテーマカラーでもある紫と黒から連想させる怪しげな雰囲気とも良くマッチしてますね。

こちらも紫芋を使ったタルトなのですがエンゼルよりも甘さが際立つ内容。タルト台がかなり固い食感で新感覚でした。恐らく米粉を使っているからだと思われますが面白いですね。 素材の風味を生かした紫芋を使ったペーストがたっぷり絞られたリング状のケーキ。ペーストの下にはチョコレート生地と同じくチョコレートクリームが入っていました。 表面はブラックベリーを使ったナパージュでコーティングされており、酸味を強調したベリームースの下にはこちらも強い酸味が特徴的なヨーグルトムースがそれぞれ重ねられていました。甘さよりも酸味に特化しているので口直しに最適ですね。 前回にも登場してましたが表面をストロベリー生クリームでデコレーションしたケーキ。

全体的に酸味が強い印象なので割と後半でも食べやすいかと。生地自体も重くないライトテイストなのもありがたいです。 表面には艶やかなナパージュでコーティングされており、濃厚なルビーチョコレートを使ったムースが中には閉じ込められていました。

美味しかったんですけど何かもうひとつインパクトがあると面白い内容になるような気がしますね。

毎度お馴染みのマカロンは2種類の異なるベリーを使ったものが用意されていました。割と本格的に作られているんでオススメです。公式サイトには載せられていませんが毎回かなりの確率でメニューに無いスイーツやケーキが並んでいたりするのもここの特徴です。

 

前にも書きましたが多分時間帯によってはそもそも用意されていない可能性も考えられますのでここへ訪問するなら一番早い部で参加する方がオススメ。メニュー表には存在しない為、こちらで勝手にネーミングさせて頂きます。

 

左側【ストロベリーフロマージュ】

ドーム型に作られた純白のケーキ。ホワイトチョコレートの飾り付けがされており、外側には酸味の抑えられたフロマージュムース、中心部分にはかなり濃厚でパンチのあるクリームチーズが閉じ込められていました。若干癖のあるテイストなので好みが分かれるような感じ。

 

右側【パープルクリームケーキ】

トップにはパープルカラーのバタークリームが絞られており、生クリームでコーティングされています。乾いた感じのスポンジ生地でカスタードクリームと苺がサンドされた形になっていたのも面白い。

 

中央のオレンジが載せられたムースケーキは以前登場したものと同じ構成でしたので割愛しております。【フルーツショート】

苺やキウイなど沢山のフルーツが乗った特別メニューとして提供されていたショートケーキ。内容的には突出したものは感じませんがクオリティとしてはかなり高いと思います。これがビュッフェメニューなのは凄い。【ストロベリーロールケーキ】

こちらも特別枠。ふわふわ食感の優しいスフレ生地で包まれた中にはほんのり感じる苺風味のクリームと通常の生クリームとがWで入っている豪華仕様。中心にはフレッシュな苺が閉じ込められていました。これもかなり美味しかったですここからは軽食メニューのご紹介。

品数がかなり多いので全ては載せきれませんがメインとなる料理だけ抜粋。

さすがにこれらを全て制覇するのは大変だと思いますよ(笑)そのくらい充実してます。

ライブコーナーも豊富に用意されているのもここならではの魅力。コスパ最強です。

ここのピッツァはマジで絶品。毎回内容も変えてきてるから気合いを感じますね。そして極めつけの寿司。普通にうまいです。 定番メニューのカレーもあります。あとはこういう食事系のパンなんかも用意されてますし、サラダコーナーにはテーマに応じて面白い内容のメニューが並ぶ事も。アイスコーナーとオーダーする形になりますがパフェとかパンケーキメニューも。 特に意味はありませんけど謎の2パターン写真撮ってみました(笑)

ここからは実際に頂いたスイーツとか料理の写真を載せていきますね。今回のスイーツですがテーマが暗めのカラーリングなので全体的に落ち着いた雰囲気なのも特徴的なビュッフェになっていました。分かりやすいメニューというよりは少し捻った内容だったり、素材を工夫していたりと割と玄人向けなのかも知れませんね。

 

それこそ苺1色!みたいな華やかでインスタ映えする感じとは真逆なんで個人的には面白い内容に感じました。

この辺から軽食メニューも食べてますが相変わらず本当に美味しいですね。

ピッツァも大きめなので食べ応え十分。

タイミングによっては焼き立てが並びますので熱々が頂ける事も。

ここのカレーが毎回めっちゃ楽しみなんですよね。黒カレーをも凌駕する美味しさ。出来立てのパスタなんかも少し待てば食べられちゃいます。そして寿司ね(笑)これもつい食べちゃう。さすがにもうスイーツに戻れなくなってしまったので今回は軽食メニューで締め。ご馳走様でした~( ̄∇ ̄*)ゞ

 

最後に今回の感想を少しだけ。

 

料理に関しては文句無いですね。

本当にランチビュッフェ単体でも遜色無いくらいのメニュー数とクオリティだと思いますのでぶっちゃけスイーツ無しでも全く問題ない程。そのくらい美味しい。

 

スイーツですが今回はちとパワー不足を感じる内容だったかも知れません。スペシャルメニューとして当日用意されていたケーキがかなりクオリティの高いものばかりだったので個人的には満足感ありましたけどあれが無かったら少し辛いかな。

ムースケーキなんかは良く出来てましたけどメインとなる紫をベースカラーにしたスイーツなんかは見た目だけインパクトがあるような感じで中身が伴っていない感じ。

テーマ的な事も関係しているとは思いますがスイーツメインでというよりは料理なんかも含めて楽しめるかなと。

 

次のテーマが何になるのか非常に気になりますがまた訪問出来るのを楽しみにしてます。

それではまた次回に。

 

総評

スイーツ★★★☆

軽食★★★★★💯

サービス★★★☆

雰囲気★★★☆

価格★★★★☆