スイスホテル南海大阪 タボラ36 訪問日 11/13

スイスホテル南海大阪 タボラ36 訪問日 11/13

季節もいよいよ秋から冬へ移り変わるタイミング。今回やってきたのはこちら。スイスホテル南海大阪へお邪魔させて頂きました。 タボラ36でのスイーツブッフェ。

 

テーマは少し早めではありますが華やかなクリスマスです。確か去年は年末頃に訪問させて頂いたと思いますが今月と来月のテーマが同じみたいなので今年は早めにやって来ました。

 

公式には別日でクリスマススイーツブッフェが載っていますがこちらも内容的には今回とほとんど変わらないとの事。

 

来年までここの景色ともしばしお別れですね。しっかり目に焼きつけておきます。 前回のハロウィンに比べると若干落ち着いたように感じますけど変にガチャガチャしてないぶん個人的には落ち着いていて良かったんゃないかと。

 

まぁそうは言いつつ、撮影時と最初の混雑っぷりは中々のもんでしたが(。-∀-)

 

では各スイーツと料理のご紹介。 サンタクロースのベルトを再現したような見た目がとてもインパクトのあるタボラ36特製のチーズケーキが登場。

表面には苺やブルーベリーなんかがトッピングされており、中には甘さ控え目のフロマージュムース、その間に甘酸っぱいベリーソースが挟まれていました。口当たりが非常に滑らかで良かったと思います。 ここのパリブレストは割と凝った内容になっているので毎回テーマが変わるたびに楽しみにしてるんですよね。

トップには苺やベリー等のフルーツが乗せられており、鮮やかなピスタチオムースが絞られていました。

サクサクとした食感が嬉しいシュー生地との相性も抜群。表面のピスタチオムースの他、シュー生地の中にも更に濃い色合いのピスタチオクリームが入っていますね。こちらはねっとりとした感じで更に濃厚な風味。 グラスデザート枠のメニューですね。

トップには生クリームと苺がトッピングされており、甘酸っぱいベリーソースが敷かれていました。グラスの中には滑らかな食感のパンナコッタが入っています。

オーソドックスな内容ですけど箸休めの役割は十分感じられる内容。 ここ最近はハロウィンだったり、他の素材を使ったケーキが多かったんですけど個人的には苺ショートに勝るものはないんじゃないかなと思います。

苺が好きというよりも苺ショートという響きが好きなんですよね。

子供から大人まで幅広い世代に馴染みがあるのも人気の理由なのかも知れません。

赤と白のコントラストでサンタクロースの帽子を再現していたりと分かりやすい細工ながらこういうのはやっぱりテンション上がります(笑) かなり取るのに苦労しました(笑)

とにかく柔らかいので初回は失敗。二度目でようやくまともな形になったという裏話。

もみの木を型どったピスタチオクリームやベリー、生クリームが表面には飾られています。ホワイトチョコレートのムースはもっと甘いものを想像してましたが思いの外あっさりしてたので良かったです。

中央部分にはかなり酸味が強いパッションフルーツのムースが閉じ込められていて割と刺激的でした(笑)

土台にはショコラ風味の生地が使われています。全体のバランスが良いので箸休めとしても機能しそうな感じ。 パリブレスト同様、ここのパウンドケーキも割とレベル高いので毎回楽しみにしてたり。

今年はツリーの模様が入っていましたよ(笑)

パウンドなのですが重たすぎず、しっとりとしているので軽めの食感になっています。 クリスマスの定番ケーキであるブッシュドノエルもロールケーキの枠に入るメニューなんですけど今回はもう1種類用意されています。

鮮やかなグリーンカラーに身を包んだ姿はもみの木のよう。トップに絞られた生クリームは雪といった感じ。

ロールケーキの表面にはパフ素材でコーティングされてあり、中は真っ赤なラズベリーの生地と中央には濃厚な香りのピスタチオクリームが入っていました。甘酸っぱいラズベリーの風味とピスタチオが良く合っています。去年同じテーマで訪問した時にもこの辺のメニューは並んでいたように記憶しています。【シュトーレン】

シュトーレンもクリスマスシーズンならではのメニューですよね。パウンド以上にしっかりとした作りなので焼き菓子というイメージが強いのもこのケーキの特徴。中央にはシナモンの香りを纏わせたさつま芋ペーストとナッツやドライフルーツの食感がとても賑やかで食べていて面白い1品。【パネトーネ】

個人的にはシュトーレンの方が印象強いのでこちらは少し控え目な立ち位置。ある程度他のメニューを食べ終えた頃にでも摘まんでおくくらいで良いかも知れない。 せっかく撮ったので似たような構図ですけど一応載せておきます(笑)

タボラはこういう演出というかディスプレイなんかもめっちゃ凝ってますね。こういうのを見るとさすが高級ホテルのレストランだなと実感してしまう。

クッキー自体はザクザクとした歯ごたえで思ったよりも固いハードな生地になってました。 後はいつも通りのクラックチョコレート&マカロン2種。悪くないんですけどここに関してはほぼ毎回同じ内容になっちゃってるんで少しもったいないように感じます。せめてテーマによって使う素材を変えるなり、何か差別化はして欲しい。クオリティは良いので。 チョコレートファウンテンもあります。

ここも毎度お馴染みの光景ですね( ¯꒳¯ )

割とディップする為の素材が豊富に用意してありますのでお子さまなんかには喜ばれるのではないかと思います。 サクサク食感のコーンにピスタチオクリームがたっぷりと入った定番メニュー。見た目的には華やかな感じなんですけど毎回似たような内容になっちゃってるのが残念。 ロリポップも各シーズン毎に可愛い姿に変化していましたけどクリスマスなのでサンタの帽子をイメージした姿になっています。こういう技術というか遊び心はビュッフェならではの楽しさだと思います。お馴染みのドーナツ。今回年内最後の訪問だったので珍しく食べてみました(笑) 相変わらずここのフレンチトーストは絶品ですね。噛むとじゅわっと蜂蜜の風味が溶け出してきて幸せに包まれます。いつも思いますけどこれを初めて訪問した人が手に取る率はどのくらいなのか(笑)

チョコレートは好きな素材なんですけど多分予想通りの感じになるような気がするので迂闊に手を出しずらいメニューだったりします。 タルトからは定番の苺を使ったオーソドックスなメニューが並んでいました。真っ赤に色づいた大きめの苺がたっぷりと乗せられており、中のダマンドとザクザク食感のタルト台のコンビネーションが絶妙。使われてた苺がこの時期にしては割と甘かったのが意外。まぁこれから苺のシーズンですからね。こう見るとやはり他のメニューより見映えするのが分かります(笑) こちらは小さな器に入っていました。

ブラウニーなのでもう少し食感が柔らかいかと思いきや割と固い(笑)まずそこに驚き。

表面にはパフ素材がコーティングされており、その下にはストロベリーチョコレートが覆われていました。これが固い食感の正体ですね。中にはしっとりとしたストロベリーチョコレートの生地という構成。

これは1つ食べれば十分かな(笑) クリスマスシーズンにしか並ばないケーキの代表格。切り株のようなフォルムが特徴のロールケーキですね。

生クリームで雪を表現してあったり、チョコ細工の梯子やサンタクロースの飾りつけまでされているのには驚きました。ここまで丁寧にやってくれると1つの作品のような感じ。

食べるのが勿体ないんですけど容赦なく食べます(笑)

表面は薄くチョコレートでコーティングされており、生地も濃厚なショコラ風味になっていました。中に入っていたチョコレートクリームは表面に使われてたものと同じですね。生チョコレートのクリームという方がしっくりくるかも知れません。 このメニューもあまり他では目にしないので地味にオススメだったりします。パンのようなプリンのような、丁度中間地点のような感覚。 前回のハロウィンでもティラミスは出てきましたけどクリスマスにも続投されている模様。クリスマス仕様にアレンジされていましたよ。

 

スイーツに関してはこんなところでしょうか。アイスもいつも通りあったんですけどすっかり撮るのを忘れてしまう凡ミス(笑)ここから軽食メニューのご紹介です。

こういう切り分けて提供される肉料理なんかはライブならではの演出なのでテンション上がりますよね。 今回軽食がいつも以上に充実した内容でして。特にこのフォカッチャトーストなるものがめっちゃ美味しかったです。

ピザトーストみたいな感じで熱々のチーズに濃い目の味つけが甘いスイーツと良く合っていました。 野菜を沢山使ったグラタンがあったり、 今が旬のさつま芋を使ったセイボリーも。 軽食なのにタルトに仕立てた料理や、こちらも定番のカレーなのですがここ数回訪問した中じゃ間違いなくNo.1の美味しさ。

後程ご紹介いたしますが具材がゴロゴロとかなりの大きさで惜しげもなく入っていたりと超豪華な内容になっていましたよ|*・ω・)ノ ご飯にトッピング用に福神漬けとらっきょう。当たり前なんですけどご飯とかカレーなんかは冷めると美味しさが半減してしまうんでちゃんと保温されてるのは大切。

サンドイッチもボリュームあるんで男性でも問題なく楽しめるスイーツブッフェだと思います。この辺の軽食が充実してると仮にスイーツが多少微妙でも全体の満足感は悪くないと思うので。もちろんスイーツのクオリティが高いのは大前提ですけどね(笑)後はサラダと、 今回は茶そばが並んでいました(о´∀`о)

パスタとかって他でも割と食べる機会多いんですけど茶そばが出てくるところは珍しいんじゃないかな?塩気があるメニューはスイーツブッフェだと貴重な存在です。かぼちゃを使ったお洒落なメニューも用意されていました。ここのブッフェは軽食にも旬の素材を取り入れてくれるんで楽しみなんですよね。来季の苺も違う意味で楽しみ(笑) メインの軽食コーナーとは別でかぼちゃとトマトのスープもありました。こちらも濃厚な風味でかなり美味しかったです。

 

ここからは当日の流れなんかと実際頂いたスイーツをご紹介。早速見事なまでに崩れちゃってますがビュッフェではあるあるなので(笑)

 

さすがにこのままだとあまりにもインスタ映えとは遠すぎる絵面になってしまうので…。次に取ってきた皿で何とか汚名返上してきました(。-∀-)

謎に同じもの2つ取っちゃう癖、何とかならんものか(笑)ここのアイスクリームは悪くないんですけど如何せん冷却機能が皆無なので早めに食べておいた方が良いです。安定の抹茶。カレーがとにかく過去イチで素晴らしい出来だったと思います。さすがでした。

牛肉はとろける柔らかさまで煮詰められており、野菜もゴロゴロ。個人的には星形にわざわざ人参をカットしていたのが何となく嬉しい気持ちになったり。ブッシュ・ド・ノエルやグラスデザートなんかも取ってきました。苺が映えますね。かぼちゃとトマトのスープ。これが思ってた以上の美味しさで驚き。温かいスープは身体も温もります。軽食ガッツリ食べてますが本人はまだスイーツに戻る気満々。けどここの軽食メニューは本当に美味しいから戻れなくなっちゃう。

特にサンドイッチ系はどれも抜群でした。何とか最後にドーナツだけは死守して参りました。普通に食べれますし美味しいんだけどわざわざスイーツビュッフェで食べる必要は無さげ。今回スイーツよりもこのカレーの方がインパクトに残ってしまう程。個人的にはもう少しスイーツの方が満足度高ければ良かったんですけどね(><)それにしても旨い(笑)比較的脂身の少ない部位でしたのであっさりと頂く事が出来ました。粒マスタードの香りと食感が肉の旨味を引き出します。

今回はこれで終了。ご馳走様でした!スイスホテル南海大阪タボラ36でのクリスマススイーツブッフェ。最後に感想を。

 

軽食メニューがかなり充実していたぶん、全体としての満足感は悪くないです。

 

ただ肝心のスイーツに関しては特に面白い内容という訳でもなく、代わり映えしないような感じ。言葉を選ばずに表現すると終始面白味に欠けるブッフェになってしまったなと。

 

まぁクリスマスなんてどこもこんなもんだとは思いますけど慣れてる人なら同じような感想になるんじゃないかと思います。

 

全体のクオリティが10だとして、今回軽食が6~7くらいは比率的に取っていたような気がしますので。スイーツはもう少し何か工夫が欲しかったかな。来年までここの景色ともお別れですね。

 

苺シーズンにまたお会いしましょう(笑)

 

今年もありがとうございました!

 

それではまた次回っ(*≧∇≦)ノ

 

総評

スイーツ★★★☆

軽食★★★★★💯

サービス★★★★

雰囲気★★★★★💯

価格★★★☆