タグ: 滋賀

カフェ・ド・シナモニ 訪問日 8/29

カフェ・ド・シナモニ 訪問日 8/29

8月の締めくくりはこちら。カフェドシナモニにやって来ました。 外観撮影するの完全に忘れてた 

カフェ・ド・シナモニ 訪問日 7/23

カフェ・ド・シナモニ 訪問日 7/23

この日は4連休の初日。あまり書きたくはないんですけど全く触れない訳にもいかず。 &nbsp 

カフェ・ド・シナモニ 訪問日 3/28 後編

カフェ・ド・シナモニ 訪問日 3/28 後編

取り急ぎの後編になります。

 

軽食、と呼べる程のものでもありませんでしたけどそれっぽいコーナーが設けられてましたのでまずはそちらをご紹介。

ピザとオープンサンドですが最初だけ用意されてたぶんのみの提供でどちらもすぐに品切れでした。補充しないつもりなら各テーブルへ1つずつ届ける形でも良かったのでは?

結局最後まで残ってたのはキッシュと冷凍っぽいグラタンのみ。あまりにもお粗末過ぎる内容ですよね…。

あとはサラダとドリンクがあるだけのシンプルな形でのビュッフェになっていました。

テーブルに案内されるとこんな感じで用意されていました。初回の個数が少なく制限されてるのも何と無くハリエと似通った部分ですよね。

 

それでは実際に頂いたケーキ等の写真を載せていきたいと思います。まぁあまり付け足して書くべき内容も見当たらないビュッフェだったのでいつもよりあっさりしてるとは思いますが。

 

最初のオーダーですけど前編にも書いた通り、完全に読み違えましたね。品数自体が少なかったのである程度の個数くらいは用意しているだろうと思っていましたが…。

途中でスタッフの女性が各テーブルまで運んで下さったライブ仕様のデザート。

 

表面はキャラメリゼしているのでパリパリとした食感が楽しめるものでした。

横に添えられたジェラートは今朝仕込んだものでいつもより食感がふわふわとしており、苺もはちみつと合わせているマリネ仕様。

生の苺ははちみつと合わせているだけあってか酸味が消え、ほんのりとはちみつの風味が感じられます。素朴ですけど非常に好印象。

そしてこのジェラートがまぁ美味しい。苺の風味も感じられますがそれ以上に優しく消えていく淡い食感が何とも言えない。

ケーキ自体もシンプルで表面のキャラメリゼがパリパリとした食感、ふんわりとしたスポンジ生地に生クリームとカスタードというもの。地味に一倍良かったかも知れない。

今回はこれにて終了。お腹いっぱいというよりも途中から何を食べようかと考えてしまうのが非常に辛いビュッフェでした。

 

まだ全然食べれるけど飽きてしまい、もういいや、みたいな。せっかく来たんでそれなりに食べていますけど満足感としては厳しい内容になってしまいました。

 

カフェドシナモニでのスイーツビュッフェ。

今回初訪問でしたが最後に感想を。

 

はっきり書きますと多分再訪問はないです。

 

滋賀近辺でここに来るくらいなら同じ値段帯で提供しているハリエの方が格段にクオリティは高いと思います。各ケーキのクオリティや種類、軽食の豊富さも圧倒的に向こうが勝っていますしね。申し訳ありませんが良いと思える点が見当たらないです。

 

まぁ余程家が近所にあるならまだしも、わざわざ他府県から遠征してまでここに来るのはオススメしませんね。今回リニューアルに先駆けてのプレオープンという事でしたから余程豪華な内容なのかなと期待してましたが…。これなら高い金額出してでもホテル系列のビュッフェ行ってる方がいいのでは。

帰り際にお土産として焼き菓子を頂きました。あとパレットで使えるソフトクリームの引換券も。どうせ次がないなら使っちゃえば良かったかも知れませんね。

 

支払いを済ませて帰る際、もしもコロナが発生した場合はお客様のところへ何かしらの連絡が行くかも知れませんがご了承下さいと何と無くざらつきのある言葉を投げ掛けられたのが気になります…。いや、だったら開催しなくても良かったのでは。

 

とりあえず現場からは以上です(笑)

それではまた次回。

多分大丈夫だとは思いますが開催中止とかにならなければいいですが…。

 

総評
スイーツ★★★☆
軽食★★☆
サービス★★★☆
雰囲気★★★
価格★★☆

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.

カフェ・ド・シナモニ 訪問日 3/28 前編

カフェ・ド・シナモニ 訪問日 3/28 前編

桜の季節がまた巡ってきましたね。 刻々と変化する世界の中でも花は咲き、風は吹きます。時には 

琵琶湖ホテル イタリアンダイニング ベルラーゴ 訪問日 11/30 後編

琵琶湖ホテル イタリアンダイニング ベルラーゴ 訪問日 11/30 後編

それでは後編のスタートです。 まずは軽食からご紹介。 秋らしくかぼちゃのスープや、 通常の 

琵琶湖ホテル イタリアンダイニング ベルラーゴ 訪問日 11/30 前編

琵琶湖ホテル イタリアンダイニング ベルラーゴ 訪問日 11/30 前編

気が付けば既に11月も最終週。
やって来たのは抹茶シーズンで異色の百人一首というテーマで魅力してくれたこちら。

琵琶湖ホテル、
イタリアンダイニング ベルラーゴにて行われる、

秋のスイーツ収穫祭と題されたスイーツビュッフェ。もうかなり前から開催されていましたが日程上調整していたら結局最終日になってしまいました。季節的にも秋と言うより、

クリスマスの時期ですからね…。若干出遅れた感は否めませんが気にせず参りましょうか。
前評判は上々らしく、かなり期待出来ると聞かされていましたので楽しみにしてきました。まぁこの入り方は結果的にあまり良くなかったパターンにありがちなのですが…。15分前から店内へ案内が始まりました。ここは写真撮影の時間をちゃんと作って下さるのがありがたいところです。

 

サムネも珍しくしっかりと撮影。美しい。
まずはとりあえず各スイーツの写真だけ。

トップにはふんわりと被せられた生クリーム、りんごの風味がほんのり感じられるクグロフはしっかりとした食感。時折見せるバジルがアクセントになってました。

確かクグロフは以前も登場してましたね。初っぱなからこんな風に書くのもあれですが何と無くこれじゃない感が…。この後紹介するスイーツに関しても同じような感覚でしたが全体的に寂しく感じてしまいました。他の参加者の方も『これだけ?』という声や『前来た時はもっと良かったんだけど…』といった声が聞こえてきたので恐らくリピートされてる方も半分程度は居たんだと思われます。私自身もやはり目安となる前回の内容と比べてみると確実にパワーダウンしたなというのが本音ですね。

カードルは枠型の器具を指す言葉のようですね。中央には冷たい食感の青リンゴのペパンが。ちなみにペパンは調べたところフランス語で『種』を意味するそうです。直訳すると青リンゴの種、になりますね。こちらのムースには白味噌とヨーグルトが隠し味として入ってるそうです。テイストとしてはヨーグルトの風味が大半を占めるような感覚ですが他で頂くムースとは若干違うかなという感じ。それが白味噌なのかどうかはさておき。

詳しくレポする前に途中から完全に品切れしていました。その辺については後編で詳しく説明。カードルは3種類並べられていましたがどれも素材は違えど似たようなテイストでしたね。

中には同じように今度はグレープフルーツと枝豆のペパンが。枝豆よりもグレープフルーツの割合が多いような印象でした。ムースは林檎が多く感じられるテイスト。

ここのショートケーキが他とは決定的に違い点としてスポンジと生クリームの比率が挙げられるかと思います。圧倒的に生クリームが多く、全体的に柔らかな食感なのも特徴です。良い意味で家庭感がありますし、万人受けするテイストですね。

こちらも洋梨と同様にふわふわの生クリームが印象的でした。いちじくの風味も十分に感じられますし、今回一番スタンダードな美味しさという意味で高評価だったのはショートケーキかも知れませんね。

こちらと下のタルト2種がホール系では見た目のインパクトが一番強かったと思います。ナパージュとマスカット&巨峰が目を引く、それぞれ異なるぶどうを使ったタルトでした。相変わらずここのタルトは絶品。これを食べに来るだけでも十分価値はあるでしょうね。重すぎず、かと言って物足りない訳ではなく。丁度良い塩梅なのが絶妙です。素晴らしい。

こちらも抜群のいちじくタルトでした。タルト台がサクサクとしており、定番のタルトが好きな人は確実に虜になるでしょうね。

シナモンでしょうか。微かに感じるスパイスの香りと滑らかな舌触りのさつまいもが他とは違うテイストでした。所謂一般的なさつまいものタルトを想像するとそのギャップに驚かされるかも。

ポンヌはりんごを意味しているんでしょうか。ポンム→ポムはりんごなのですが…。オリーブオイルをかけて頂く焼き菓子のような感じ。薄く仕上げたアップルパイを想像するといいかも知れません。

ここからはもうひとつあるサブのビュッフェ台に並んでいたスイーツです。このミルフィーユも明らかに力不足。まだニューオータニのナポレオンの方が数段上でしょう。

これも取り立ててレポする必要も感じず…。純粋にスイートポテトで勝負するなら外側の土台部分は別に無くても良かったような。食感としても萎びた感じであまり好みではなかったです。

シフォンケーキはあまり得意ではありませんが素材的には非常に面白い組み合わせでした。山椒を使ってる辺りも良いですね。

まんまる赤りんごのムース
酸味よりも甘味を押し出したりんごのムースの中央には生のりんごをジュレ風に仕立てたものが忍ばせてありました。
まんまる青りんごのムース
酸味が際立つムースの中央にはこちらも生のりんごをジュレ風に仕立てたものが入っていました。正直食べてて面白いなと感じたのはこちらの2種類くらいですかね。後は至って普通。

2種類用意されていたボンボンショコラはこちらの名物。人気なのも頷けます。グリーンの彩りが美しいショコラを頬張ると中には濃厚なマスカットのガナッシュが。

こちらもマスカットと同様に表面のコーティングが美しく見事。同じぶどうでもやはり種類が異なれば感じるテイストも違ってくるもの。表面のカリっとした歯応えのチョコレートと滑らかなガナッシュが癖になる一品。

カロンもそれぞれ2種類用意されてましたが私としてはショコラのノワールカロンの方が解りやすくて好みでした。どちらとねっとりとした定番の食感で悪くなかったです。
一応ビュッフェ台に並べられていたスイーツについてはこれで全部になります。それ以外の細々したものや軽食なんかについては後編にて。
う~ん。期待し過ぎたのがいけなかったのか、それともたまたま参加したタイミングが悪かったのか解りませんが終始パッとしない感じでしたね…。何と無くスタッフの動きや熱量みたいなものも前回とは比較にならない程下がっていたように思えますし。それが最後だから気が抜けていたのなら別に構わないんですけど開催中ずっと同じ状態ならちょっと酷いな…と感じてしまいます。総評は後編で書きますけど来季の苺シーズンが思いやられる内容になってしまったのが残念。
ではまた次回。
クラブハリエ 訪問日 8/10 後編

クラブハリエ 訪問日 8/10 後編

引き続きの後編になります。 宜しくお願い致しますね。 真ん中に置いてある焼き菓子のコーナー 

クラブハリエ 訪問日 8/10 前編

クラブハリエ 訪問日 8/10 前編

連日の猛暑続きの中での業務も一区切り。 何とか世間並にお盆休みに突入致しました。 本日は連