ANAクラウンプラザホテル大阪 カフェ・イン・ザ・パーク 訪問日 6/25

ANAクラウンプラザホテル大阪 カフェ・イン・ザ・パーク 訪問日 6/25

既に8月なんですけど6月ぶんの記事を更新している人です(笑)

 

本当は早めに書き上げるつもりだったのですが何だかんだと理由つけて先伸ばしにしたのが悪かったですね💦

 

そんな訳で少し時間軸飛び越える事になっちゃいますがお付き合いして下さると嬉しい限り。ANAクラウンプラザホテル大阪へやって参りました。アナクラは神戸が馴染みのある場所なんですけど大阪は地味に初めて。

 

特に避けてたという訳でもないんですけど強いて言うならわざわざここを選択する理由がなかったから。今回お邪魔したのは個人的に気になってたテーマだったのでまぁ良い機会かも知れないなぁと。 抹茶好きとしては興味あるじゃないですか(笑)

 

インスタなんかでもちょくちょく見かけたので割と悪くはないのかも❓と調べてみたところ、11:30~15:00までという実質時間制限が無いんですよね。これは驚き。

 

スイーツだけではなくランチも楽しめる内容なら飽きずに楽しめるような感じですし、何よりゆっくりと過ごせるのが一番ありがたいので。

 

当日早めに到着したので勝手が分からないままお店の手前で待機してたのですが支配人ぽい方に予約をしている旨を伝えると時間になりましたら案内を始めますのでと説明され、そのままレストランの入り口付近で待っていました。

 

並んでると他の参加者も少しずつ増えていき、時間になるとようやく店内へ案内がスタート。

 

一応開始時間は11:30と記載されてますけどここは独自に写真撮影の時間を別で取っているらしく、案内された後は少しの間各自撮影する時間となっているみたいです。

 

この日も案内が始まったのは11:30になるかならないかくらいの時間だったと思います。こういう風に店側が撮影に積極的なのはかなりありがたいですし、他だと撮影時に混雑する最大の原因はとにかく時間が無いから、なんですよね。

 

写真撮影が一番密になるとか、そういう意見も確かに一理あるかも知れませんけど正直な話、早めに順次案内しつつ先に撮影させておけば済むような気がします。

 

もちろん直前まで別のランチビュッフェをやってたり、様々な事情で難しいのは百も承知なのですがここみたいに工夫して下さるところは至極稀なので感謝しつつ、なるべく丁寧に撮影させて頂きました。 サムネ厳選するのが大変だったので全部載せておきます(。-∀-)

 

せっかく撮ったのでもったいないですし(笑)

 

それではまずスイーツメニューからご紹介🍰 小さなサイズ感ながら割と凝った内容に仕上げられたミニパフェでした。

トップにはホワイトチョコレートと苺が乗せられており、甘さを抑えた淡い色合いの抹茶クリームが絞られています。

その下にはスライスされた苺と甘酸っぱいベリーソースがコーティングされたスポンジ生地。下段部分には抹茶の苦味や風味を強調した甘さ控え目のムースがあり、フレークを砕いた素材が敷かれていました。 トップにはふんわりと濃厚な抹茶クリームが絞られており甘さのバランスが絶妙。

抹茶感もほど良い感じでこれくらいなら苦手な方でも食べられそうですね。

アクセントに食感が面白いチョコボールが乗せられており、肝心の生地自体はかなりしっとりとしたものでパサつきも感じさせず個人的にはかなり良い線行ってると思いました。

どうせなら中の生地にも抹茶使って貰えると抹茶好きには最高かも知れません(笑) メニューにはショートケーキと記載してましたがメロンケーキとだけ記されてありました。

事前に理解してましたがほとんどというか全てグラス形式にて提供するビュッフェみたいですね。

こちらもケーキですがグラスに入ったものでトップには丸くくり貫かれたフレッシュなメロンの果肉が乗せられています。

その下には甘さを抑えたコクのある生クリーム、更にスライスされたメロンが重ねられていました。

グラスの下地部分にはウェットな食感のスポンジ生地と生クリームという確かにショートケーキのような構成。

逆に食べやすいですしぐちゃぐちゃにならないのはグラスの利点だな~と。 こちらはTHEグラスというべきかスタンダードなプリンが登場。

面白いのがトップに栗の甘露煮が乗せられていてかなり和スイーツを感じさせてくれる見た目ですね。

プリン自体は抹茶の苦味も感じるものの、やや甘さの方が強いかなという感じ。ただ抹茶感は割と強めに入ってるので抹茶好きな方は評価高いと思います。

酸味が強いグレープフルーツをトップにあしらったグラスデザート。

ほんのりシャンパンの風味を残した柔らかいジュレの下にはこちらも柔らかい抹茶のブランマンジェ。 トップには瑞々しいオレンジの果肉と生クリームが絞られています。

ほうじ茶を使ったムースは柔らかい食感で口当たりが非常に滑らかなものでした。

こちらは小豆ではなくチョコレートクリームが2層目に使われています。大抵使い回すんですけどちゃんと素材によって変化させてるのは好印象でした。 プチとは聞いてましたが本当にめっちゃ小さかったですね(笑)

表面のクッキー生地はサクサク感と抹茶のほのかな苦味や風味も同時に感じられるもの。

シュー生地の中には一応抹茶クリームだと思うんですけどほぼカスタードクリームに近いようなテイスト。もう少し抹茶感が強めだと嬉しかったです。 トップには噛むとじゅわっと抹茶の風味が広がるクランブル素材がトッピング。

ブランマンジェ自体は少し甘めでしたが抹茶クランブルの苦味と良いバランスになってて上手く作られているな~と。シンプルながら割と本格的なグラスだと思います。 トップにはホワイトチョコレートと柔らかく煮詰められた黒豆がトッピングされていました。

3層に分かれた構成で表面の抹茶ムースはかなり濃厚なもので抹茶の苦味と風味も十分感じられます。

その下には小豆が入った柔らかいクリームでこれが抹茶と上手くマッチしてますね。

どちらも和の素材だから余計なのかも。土台部分には通常のスポンジ生地が使われていました。 こういうの見ると抹茶ビュッフェだな~と実感しますね(笑)

サクサクとした最中生地の上にプルプルとした抹茶風味のわらび餅、オレンジ、甘く煮詰められた小豆、甘さを抑えた生クリームがそれぞれ乗せられています。

和テイストではあるものの下地部分にカスタードクリームが使われていたりと洋菓子と和菓子の中間地点のような感じ。 表面には淡いグリーンカラーが美しい抹茶ムースが絞られています。

とろとろの餅にくるまれた中には少し固めに仕上げられた濃厚な抹茶ムースが入っていました。 表面に振りかけられた抹茶パウダーなんですがかなり苦味を強調したものでそれが割と厚めにコーティングされてあるのが面白い。

構成としてはシンプルにマスカルポーネクリームとスポンジが交互に折り重なったものでグラスの底には通常だとコーヒー液の染みたスポンジ生地を使うのですがちゃんと抹茶シロップが染み込んだ生地だったのが良かったと思います。これやってみたかったシリーズです(笑)

割られた後は何となく嫌だったので早めにトントンさせて頂きました。抹茶チョコレートはやはり美味しかったです(*^^*)この辺は焼き菓子メニューになります。本当はもっと細かくレポを取るつもりでしたが写真だけそれぞれアップで載せておきますね。

パンケーキも用意されていました。あらかじめ焼いたものが並べられていた感じですが好きなようにセルフでトッピング出来るのは利点ですよね。また後程ご紹介します。 アイスクリームも割と本格的に作られたもので驚き。またこちらも後で写真と一緒にご紹介させて頂きます。 そしてお次は軽食コーナー。とにかく種類が多いので少し長くなりますが紹介させて下さい( ̄∇ ̄*)ゞ

茶そばなんてものも食べやすいサイズで並んでいました。洋風にアレンジされた変わり種だったのも面白かったです。テーマが抹茶なのもあるのか、今の季節ならではの野菜がふんだんに使われた特製のパエリア。めっちゃ緑ですよね(笑)

カレーとかが主食メニューとしては多い中でこういう目でも楽しめる鮮やかな料理が出てくるのは参加者として嬉しい瞬間。料理が並べられているブッフェ台の奥にシェフの方がライブで次々と料理を作って下さるシステムなので本当に出来立て熱々の料理が楽しめるのもポイント。

流石に時間が経つと冷めてきますので食べたい料理は熱々の内に食べる方が良いかも知れませんね。逆にスイーツは後でも特に問題ないと思いますので。

このマカロニグラタンもシーフードがたっぷり入った本格的な内容で絶品でした。パスタ料理の中でも今回一番刺さったのがこのボロネーゼ。太めのパスタなので食べごたえもありますし、ソースとの相性も抜群でした。

ピッツァもその場で焼き上げた特製のものが並べられる本格仕様。3種類も用意されていたのには本当に驚きでしたよ。胃袋いくつあっても足りないのでは(笑)

名札が逆になってますがハンバーガーとホットドッグまであります。

これがどちらもめっちゃ美味しくて止まらない問題(。-∀-)

ハンバーガーは肉々しいパティととろけるチーズの相性が抜群でしたし、ホットドッグもソーセージだけではなくパン自体も焼き立ての香りと食感がレストランならではの美味しさを演出してたと思います。これは美味い(笑)普段こういうジャンキーな料理は食べないんでめっちゃ食いついてました。ディップするソースも幾つか用意されていたりとまぁ流石にこの辺は冷凍された素材を使ってるとは思いますけど工夫を感じますよね。

軽食メニューに関しては以上になります。多分撮り忘れは無いと思いますがもし何か抜けてたら申し訳ないです💦ここからは実際に頂いたメニューや当日の様子なんかを写真と一緒に書いていきたいと思います( ̄ー ̄ゞ-☆ほぼ全てのスイーツがグラスになっている為、1度に取れる数に限界がありますね💦

開始直後は基本スイーツの方に列が多く作られるんですけどここはどちらかと言えば軽食が充実してますので特に待ち時間も発生せずにすんなりと取ってくる事が出来ました。

多分時間的にも余裕があると皆さん理解してるんで焦る必要が無いんですよね。他だとそうはいかないんで基本時間との戦いです(笑)パンケーキを取ってきました。既に焼き上げたものを並べていたんで作りたてではないのが残念。

生地自体はもちもちとした食感でしたが若干パサつきを感じます。今回はトッピングで甘さ控え目の抹茶クリームと小豆を乗せてみました。

個人的にはパンケーキ単体だとやはり某オータニに軍配が上がるかなと。けどここみたいに自分で好きなようにトッピング出来るのは良いサービスですよね。何より楽しい(笑)自分で取っておいて何ですが最強の布陣なのでは❓

ハンバーガーにホットドッグ、ピッツァにパエリア、揚げ物まで完備されてます。

ランチが充実してると本当に困る💦

下手なお店よりも美味しかったりするんで尚更食べてしまうんですよね(//∇//)ここで茶そばに舌鼓。洋風出汁が美味。洋風続きでボロネーゼやらマカロニグラタンとか色々取ってきちゃいました。

とにかく美味しい。美味しすぎて困ります。アイスクリームも忘れない内に食べておきました。時間の経過と共に溶けていくという事もなく、ちゃんと冷たいまま保冷されているので安心です。

抹茶とほうじ茶だったかな❓どちらもねっとりとしていて美味しかったですよ(*>∀<*)ここで軽食メニューでまた手を出していない料理なんかを中心に取って参りました。

 

ブッフェ台がスイーツで2ヶ所、軽食メニューで2ヶ所それぞれ用意されているんでその辺も混雑の緩和に一役買ってるような気がしますね。

 

この日の人数的には比較的ゆったりとしていたように感じましたがもう少し多くなったとしても急ぐ必要無いですし、これだけ種類もあるなら安心して楽しめそう。軽食食べてるとまた甘いスイーツが欲しくなる不思議。

撮り忘れた事に後から気付きましたがワッフルコーンを使ったデザートがあったので軽く紹介しておきます。

【ワッフルコーン各種】

ピンクグレープフルーツとオレンジが入ったコーンスイーツ。ショコラ風味のワッフル生地の中にはほんのり抹茶の風味が感じられるカスタードクリームが入っていました。いつまで食べ続けるのか、自分でも分からなくなってきた模様(笑)

スイーツが比較的グラスなので少ないのも大きかったように感じました。

そのぶん軽食も遠慮せずに食べられるのは個人的に嬉しいですね。もう書く事が無くなってきたんで写真だけ載せちゃいますね🍦🥄( ¯꒳¯ )

ラストはアイスクリームで終了。

結局割と遅い時間まで滞在させて頂きました。めっちゃ美味しかったです。

ご馳走様でした‼️

 

ANAクラウンプラザホテル大阪 カフェ・イン・ザ・パークでの『Dessert & Lunch Buffet ~ Matcha~』

デザート&ランチブッフェ〜抹茶〜

最後に今回の感想を書いておきます。

 

初めて訪問させて頂いた訳ですがこちらの予想以上に豊富なラインナップで終始驚きの連続でした。

 

スイーツに関しては通常のブッフェとは異なり全てグラス形式というシステムを取ってはいるものの1つ1つが良く考えられて作られており、今回のテーマである抹茶の良さを上手く引き出していたように思います。

 

軽食はもう完璧ですね。スイーツブッフェのクオリティとは思えないですし、何よりメニューの多さが飽きさせないようにとの店側の工夫を感じさせてくれる内容の濃さでした。

 

他でも軽食が充実してる場所はあるんですけど大抵スイーツは残念だったよね、みたいな感想を抱いてしまいがち。

 

ここはその辺のバランスというのか、提供の仕方が非常に上手いなと思います。そういう否定的な感情にならないくらいにとにかく美味しいメニューが沢山用意されてあるんで友だちや家族との食事には打ってつけなんじゃないかなと。

 

この次のテーマにも既に訪問済みなのでなるべく早めに更新させて頂きます(笑)

 

盆休みはブログ作業と家の掃除で終わりました。今後とも宜しくお願い致します。

 

総評

スイーツ★★★★

軽食★★★★★💯

サービス★★★★☆

雰囲気★★★★☆

価格★★★★☆