センタラグランドホテル大阪 スアンブア 訪問日 12/16

センタラグランドホテル大阪 スアンブア 訪問日 12/16

12月も半ばを過ぎ、クリスマスも近づいて来ました。今回訪問させて頂いたのはこちら。センタラグランドホテル大阪。今年7月にオープンしたばかりの新しいホテルですね。 2Fにあるタイ料理レストラン「スアンブア」で好評開催中のホテル初となるスイーツビュッフェ、『タイmeetsストロベリー』

ホテル自体がタイに本拠地を置いているだけあってか、タイ料理と苺を掛け合わせた珍しい内容になっているみたいです。

 

苺にはあまり興味が無いんですけどタイ料理とどうんな風に組み合わせているのか気になったもので早めにこちらへ訪問させて貰いました(笑)

 

まずはサムネから撮影開始です📷 予約した順に案内されるのか、それとも到着順なのか、勝手が全く分からなかったもので早めに現地に到着。

 

実際案内された時間ですがビュッフェ開始時間の約20分くらい前だったと思います。

 

かなり早めに案内して頂けたので逆に驚き(笑)

流石にビュッフェ台はまだ完全な状態とは言えませんでしたけどほぼ整っていました。生の苺は3種類用意されており、 この日はあまおう、ゆめのか、さがほのかがそれぞれ並んでいました。

 

一応食べ放題という名目にはなっていますが補充面少し途中から怪しかったので最初にある程度確保しておいた方が良いような気がします💦

 

では各スイーツをご紹介させて下さい🍰表面にはストロベリーチョコレートでコーティング。中を割るとフロマージュムース&甘酸っぱい苺ジャムが入っていました。シュー生地の中に淡いピンク色をした甘酸っぱいストロベリークリームとカスタードクリームを絞った定番メニュー。小さなドーム型をしたスイーツ。

表面にはストロベリーグラサージュショコラでコーティングされており、中には甘酸っぱいストロベリームースが閉じ込められていました。土台部分にはサブレのような素材が。キャンディ的なやつだと思いますが途中欠品してから1度も補充されなかったのでレポ不可能(笑)焼き菓子系のメニューになります。

オーソドックスな形のマドレーヌの表面にストロベリーチョコレートをコーティングしたもの。生の苺にそれぞれ異なるチョコレートをコーティングした苺シーズンならではの映えメニュー。

ロールケーキ枠。真っ白な見た目が印象的。

トップにはカットされた苺が乗せられており、薄く生クリームがコーティング。ふわふわ食感のスタンダードな生地と滑らかでコクのある生クリームの組み合わせが美味しかったです。

生地がもちもちとしておりもしかすると米粉が使われていたのかも知れませんね。トップに濃厚で甘いミルク風味のクリームと苺を乗せたミニサイズのカップケーキ。

中の生地自体はパサつきがほとんど感じず、しっとりとしていました。他で見かけるものより随分小ぶりだなぁと言うのが第一印象。

トップには生クリーム&苺が乗せられ、サクサクとしたパイ生地とカスタードクリームはやはり鉄板ですね。 女性の帽子を意味するシャルロットですが外側のサクサクとしたビスキュイ生地と中にある甘酸っぱいストロベリームース、カスタードクリームの組み合わせ。 王道ですよね(笑)

トップにはカットされた苺&ブルーベリー。

しっとりとしたジェノワーズ生地と生クリームが良く合います。生地の下半分には紫色のクリームが薄くコーティングされていたのを見ると恐らくケーキに乗せられてたブルーベリーかな?

苺にしては風味が少し違うような気がしたので。 特に何も文句なしですね。

定番ですけど生地のサクサク感とねっとりとした食感が癖になります。 大粒の苺をたっぷり乗せた豪華な苺タルト。

苺の下にはカスタードクリームが敷かれていますがここのカスタードは他とはまた違う感じ。

良く言えば手作り感があるような。逆に素人っぽさが目立つとも言えますけど(笑)

全体的にもったりとした固めのカスタードなので癖はあるものの私は嫌いじゃないです。

ダマンド部分とザクザク食感のタルト台がまたたまらない。 メニューに記載されていなかったスイーツです。トップには生クリーム&苺。

細かく刻まれたピスタチオがトッピングされ、下には同じく濃厚なピスタチオクリーム。

柔らかくしっとりとした生地とクリームが交互に重ねられていました。ピスタチオが好きな方なら気に入ると思います。 ベイクドタイプのチーズケーキでしょうか。NYチーズケーキにも似てます。

表面にナパージュがコーティングされ、ベリーソースで彩りを加えられていました。

個人的には好きなテイストだったので悪くなかったですね。 同じようなメニューが微妙に名前を変えて並べられていたのが面白かったです(笑)

こちらはミニサイズのタルトみたいですね。

内容としては同じように苺とカスタードクリーム、ダマンド&タルト台という組み合わせだったのでお好きな方を選べば良いんじゃないでしょうか。グラスデザートになります。

トップにはホワイトチョコレート、生クリーム、苺、食感のアクセントにクランブルが敷かれています。

更に甘酸っぱいストロベリームースと続き、スポンジ生地、グラスの底部分には苺のコンフィチュールという構成。

割と手が込んでて良かったと思います。こちらもグラスデザート。やや固めに仕上げられたゼリーと甘酸っぱい苺の組み合わせ。

これからのシーズン、どこでもこの手のメニューは出てきますが逆にこの辺をどう工夫するかで他との差別化が出来るような気がしますね。

タイ×苺スイーツメニューなんですけど食べ始めたのが後半に差し掛かるタイミングだったので残念ながら全部はレポ取れずでした💦

予定では丸々2時間あるとばかり思ってましたが…。その辺は後ほどゆっくり説明。

タイ×苺のコラボメニュー。

もちもちとした団子にストロベリーソース&ココナッツミルクがかけられています。

中にはココナッツの実を苺ソースで合えた素材が入ったおり、これがめちゃめちゃ面白かった。

ココナッツが繊維状なので食べ物と認識するまでに一呼吸必要でした(笑)

和スイーツに近い見た目をしており、白いクリーム状のものは恐らくココナッツだと思うのですが少し塩味も感じました。

ピンク色の花びらのような素材は日本でいう所のういろうに極めて近い。多分米粉を使ったメニューなんでしょうね。

好き嫌いはともかくアイデアとしては紛れもなく面白かったです。ここからは軽食メニューのご紹介です( ˶¯꒳¯˵)

サンタがいましたがめっちゃクレイジー(笑)当日案内されたテーブルになります🍓ではでは実際頂いたスイーツと料理の写真を紹介しつつ、当日の様子を書いていきますね。参加者の人数としてはかなり少ないと感じました。始まって間もないというのもありますが恐らくホテルとしての知名度も含め、まだまだ様子見という感じなのかなぁと。

お陰で苺ビュッフェとしては珍しく、びっくりするくらい落ち着いた空間で楽しめましたが…。

 

生の苺に関しては先に書いた通り、補充はかなり甘かったですね💦

現在はどうなっているのか分からないのですが苺は始まってすぐある程度取っておく事をオススメします。

生ケーキ以上に細々としたものが多いので地味に時間が掛かってしまいました。

 

何となく品数を稼いでる感も否めないので余程こだわりが無いのなら自分が好きなメニューだけを優先して食べた方が結果的に満足感は高くなるような気がします。鴨と苺レッドカレーを取ってきました🍛

ご飯はパラパラとしたジャスミンライスでした。生春巻きや揚げ春巻き、タイ風に仕上げたエビ揚げパン等、軽食系も比較的充実してます。

気に入ったメニューを中心にスイーツをリピ。

特に品切れしていたものは見当たらなかったです。

ラストは流石にスイーツ飽きてきたのもあってか、カレーや揚げ物がありがたかったですね(笑)ちょこっとだけ苺の補充がされたので取ってきちゃいました。ご馳走様でした◍´꒳​`◍ )ノセンタラグランドホテル大阪での

『タイmeetsストロベリー』

最後に今回の感想を少しだけ書いておきます。

 

ホテル初となるストロベリービュッフェでしたが結果的には大満足、とはならなかったもののそれなりに楽しませて頂きました。

 

慣れてる人ほど新鮮味があるので面白いと感じるような気がしますね。

 

スイーツのクオリティとしては正直悪くはなかったけど特別素晴らしいとも思わず。ただ伸び代は感じられたのでもし苺以外のテーマでまた開催して下さるのなら訪問してみても良いかな(笑)

 

スタッフの対応もスイーツ同様、今後に期待というところでしょうか。大半の方が恐らくタイの方ばかりなのもあり、意思疎通など課題は多いと思います。皆さん笑顔が素敵な方ばかりだったので居心地が良い場所ではありました。

 

次はようやくクリスマスですね。長かった💦

いつまで引っ張るんだ?とお叱りを受けそうですがもうしばらくお付き合い下さいね(//∇//)

 

それではまた次のスイーツで🍰

 

総評

スイーツ★★★☆

軽食★★★

サービス★★★☆

雰囲気★★★☆

価格★★★☆